爺が時事問題を語るブログ「時事語り/爺語り」

愛媛県西条市で殺人事件!今川弥幸容疑者の動機は怨恨?

wooden-spoon-1013566_640

愛媛県西条市内のコンビニ駐車場にて殺人事件があったようですね。

知人男性を複数回包丁で刺したとして犯人は現行犯逮捕されたのですが、この事件にはいくつか気になる点があります。特に気になるのは事件の動機ですね。

この記事では、そうした疑問点について考察してみます。

事件の概要

今回逮捕されたのは、愛媛県西条市安知生に住む39歳会社員の今川弥幸容疑者です。

容疑者は、12月13日午前0時5分頃に知人の37歳会社員をコンビニの駐車場にて、刃物で何度も刺した疑いが持たれています。被害者男性は病院で死亡したとのことです。

周辺住民が警察に通報し、現場へと駆けつけた警察官が返り血を浴びたままの状態だった容疑者に事情を聞いたところ犯行を自供。そのまま現行犯逮捕したみたいですね。

容疑者が使用した凶器は包丁であり、被害者は腹や胸を複数回刺されていたそうです。

事件現場はどこ?

事件現場は西条市洲之内にあるコンビニとのことです。

ニュース映像にはローソンが映っていたので、該当する店舗は「ローソン 西条洲之内」だと思われます。

ストリートビューを見ればわかりますが、かなり駐車場の広い店舗ですね。

また、ニュース映像に警察の現場検証作業が映っていたのでそれから判断すると、殺人現場は店舗入り口のすぐ左側の角、駐車場に面した見通しの良い場所だと思います。

すぐローソンの壁際なので、ひょっとしたら店内の人は物音が聞こえたかもしれません。

周辺住民が通報したそうですが、コンビニ付近にはあまり家がない立地ですから、駐車場から事件の様子が丸見えでコンビニ利用者が通報したのではないかと推測します。

事件の動機は?

この事件で気になるのは、犯人の動機ですよね。

まだ情報が出ていないので、以下はあくまでも私の推測ですが。

まず凶器が包丁だったことから、犯人は最初から被害者への害意を持っていたのだと思われます。さもなければ、コンビニに包丁を持って出かけたりしないでしょう。

また、胸や腹といった危険な箇所を複数回刺していることから、犯人には明らかな殺意が認められます。確実にとどめを刺しに来ていますよね。

強い殺意を持って包丁を持ちだしているのですから、犯行は計画的なものだったと考えられます。もしも偶々知人と出会って口論になったという話であれば、凶器は手近な鈍器だったり素手で殴りかかるなどの犯行態様になるでしょうからね。

おそらく、被害者とは偶然出会ったのではなく、わざわざ呼び出したのだと私は考えます。

駐車場から見やすいコンビニ横なんて、いかにも待ち合わせにピッタリの場所ですよね。

つまり、「犯人は被害者を殺すつもりで現場に呼び出し、予め用意していた包丁で刺殺した」というのが私の推測です。

この推測によれば、犯行動機は突発的なものではなく、もっと根深い何かだったはずです。

あくまでも私の推測ですが、逃走するでもなく返り血を浴びたままだった犯人の姿から考えて、殺すことそのものが目的、何かしらの怨恨が動機ではないでしょうか。

金銭トラブルか、あるいは男女関係のもつれでもあったのか。

その辺りの事情は今後の捜査で明らかになると期待しましょう。

おわりに

犯人が殺人事件を起こすに至る心情がとても気になるところです。

何が彼をそういう行為に駆り立てたのか、ぜひ警察には真相を解明してほしいところですね。

【殺人関連記事】
⇒ 別居中の自衛官夫の焼酎に毒混入!犯人の動機は?

Pocket

関連記事

おすすめ記事

  1. towel-759980_640
  2. phone-1039052_640
  3. GY086_L
  4. skates-608588_640
  5. dvd-89069_640
  6. solar-field-191683_640
  7. write-1035088_640
  8. man-1050528_640