爺が時事問題を語るブログ「時事語り/爺語り」

津川洋輔容疑者の動機は?広島市職員の逮捕状況が謎すぎる件

animal-portrait-617739_640

新年早々に謎すぎる出来事が起こったようです。

なんと現役の広島市職員が、高速道路に向けて服も何も着ずに立ち続けて逮捕されるという事件が発生したみたいなんですね。

正直、「またこの手の事件で大物が出現したのか」と私も内心で戸惑っています。

それはともかく、この謎の事件の状況や、容疑者の動機について考察します。

スポンサードリンク

事件の詳細

今回逮捕されたのは、広島市安佐北区在住の津川洋輔容疑者42歳です。

職業はなんと広島市環境局西環境事業所職員とのこと。また公務員の不祥事ですか。

42歳の市職員ですから、今が働き盛りですよね。それが公然わいせつ事件を起こしてしまったわけですから、広島市民が気の毒ですね。

さて、事件が起こったのは2016年1月3日午前10時25分頃、山陽自動車道を走行中のドライバーから「全裸の男がいる」と通報があったといいます。

通報を受けた警察が現場に駆けつけたところ、全裸で通報時のまま立ち続けていた容疑者を発見し、公然わいせつで逮捕したとのことです。

ちなみに、事件現場は次のように報じられています。

同区狩留家町の山陽自動車道下り線近くにある側道ののり面(盛り土で造られた傾斜地)の台上になったところ

狩留家町の山陽自動車道沿いって、木々が多くて民家が少ない田舎の印象です。

高速道路以外から発見される可能性は比較的少ないのかもしれません。

スポンサードリンク

容疑者はなぜ全裸で立ち続けていたのか?

なんか哲学的な問いに聞こえますがw

この事件の最大の疑問は、なぜ容疑者が何も着ずに高速道路に向けて全裸で立ち続けていたのかですね。

警察が通報を受けて駆けつけた時には、通報から20分以上が経過していたそうです。

そしてその間ずっと同じ場所に立ち続けていたみたいなんですね。

ドライバーが容疑者を目撃するまでの時間や、目撃後してから通報するまでの時間を考慮すると、おそらく30分以上は全裸のままだったはずです。

今日は比較的暖かい日でしたけど、それでも1月上旬の真冬の寒空の下ですよ。

ちょっと尋常じゃないですよね。

アルコールも検出されていなかったそうですから、泥酔していたわけではないようです。

高速道路まで30メートルほどの地点で道路に向けて立っていたようですから、ドライバーに見せる意図があったのは明白だと思います。

昼間から一人で脱いでいたわけですから、仲間内でふざけているうちにその場のノリでという感じでもなさそうです。

むしろ寒さを物ともせずに実行する、断固たる決意を感じますね。

とすると、露出趣味である可能性がもっとも高そうです。

正月休みの最終日に白昼堂々の犯行ですから、Uターンのために山陽自動車道を利用する大勢の人々に見せることができると考えたのかもしれません。

容疑者の住所は事件現場と同じ区内ですから、以前から山陽自動車道のドライバーに向けて自分の裸を見せつける願望を持っていた可能性もありますね。

警察が慎重に取り調べを進めているそうですし、ぜひ詳細を解明してほしいものです。

感想

これはあくまでも私の妄想ですが、初詣で神社にお参りをしたときに自分の趣味を解放しようという啓示を受けてしまったのかもしれませんw

正月に自分を解き放つことに以後の人生をかけたのですね。

容疑者は厄年だったみたいですし、信仰的な理由があったのかも?w

こんなくだらない想像をしてしまうくらい奇妙な事件です。容疑者の家族構成や正確などの続報が待たれますね。ワイドショーの格好の餌食になりそうなネタです。

まあ、いずれにせよこんな事件を起こしてしまったわけですから、職場にも居づらくなりそうですし、自分を解き放った容疑者の2016年は暗い1年になりそうですね

【公務員の不祥事関連記事】
⇒ 神戸市職員50歳が電車で女性警官に痴漢して現行犯逮捕
⇒ 静岡県警の巡査が追突事故&当て逃げで逮捕

スポンサードリンク

Pocket

関連記事

おすすめ記事

  1. skates-608588_640
  2. solar-field-191683_640
  3. martial-arts-291046_640
  4. phone-1039052_640
  5. sport-788105_640
  6. tap-791172_640
  7. dvd-89069_640
  8. GY086_L