爺が時事問題を語るブログ「時事語り/爺語り」

長野軽井沢スキーバス転落事故まとめ|事故原因やバス会社は?

mountain-pass-454254_640

長野県軽井沢町でスキー客を乗せたバスが崖下に転落するというとんでもない事故が起こってしまいましたね。

現在も続々と状況が悪化しているニュースが入ってきて気が滅入ります。

この事故についての情報をまとめてみます。

続報:バス会社イーエスピーの杜撰な管理体制が発覚!

事故の詳細

現在のところ、事故は次のように報じられています。

2016年1月15日午前2時ころに、長野県軽井沢町の国道18号の碓氷バイパス入山峠付近で、群馬方面から長野方面に向かっていたスキー客を乗せた大型観光バスが、対向車線にはみ出して反対車線側にあるガードレールを突き破り、約3メートル下の斜面に転落した。

このバスには乗員乗客41人が乗っており、午前8時時点で14人が死亡、27人が怪我をしているとのこと。

時間とともに死亡者数が増えており、今後も予断を許さない状況のようです。

バスは現在、フロントガラスが大破した状態で斜面に横転しているようです。ニュース映像を見ると左側上部が大きく破損しています。

なお、このバスは14日夜に東京を出発しており、目的地は北志賀高原だったみたいです。

被害者の搬送先は?

怪我人らが搬送された病院は次のとおりです。

長野県の佐久医療センターに6人、小諸厚生総合病院に4人、浅間総合病院に4人、軽井沢病院に3人、金沢病院に5人、くろさわ病院に4人。また群馬県の富岡総合病院に2人、高崎医療センターに1人、群馬大学病院に1人

人数を見ると病院で亡くなった方も出ていますね……。

これだけ搬送先がバラけているのは、深夜の事故で怪我人が多すぎたため受け入れ側のキャパが足りなかったということでしょうか。

事故現場はどこ?

既に述べたように、事故現場は碓氷バイパスの入山峠付近だそうです。

JR軽井沢駅から南東に2キロほど離れた場所とのこと。

入山峠は群馬と長野の県境にある標高1038メートルの峠です。

事故当時、現場には積雪や路面凍結がなかったとのこと。

これは事故原因を推測する上で重要な情報だと思います。

スキーツアーを企画した会社は?

このスキーツアーを企画した会社は、東京渋谷区に本社がある「キースツアー」という旅行会社です。

「長野・新潟・群馬スキー、スノボー激安&格安バスツアー」という文面が公式サイトにあるので、主に格安スキーツアーを扱っているのかもしれません。

となると、バス会社の選定も安全性よりコストで選んでいた可能性もありますね。

運行バス会社はどこ?

それでは、事故を起こしたバス会社はどこなのでしょうか。

調べてみたところ、東京都羽村市にある「イーエスピー」という会社だそうです。

この会社は2008年に設立された警備会社なのですが、2年前からはバス観光事業にも参入していたみたいですね。

報道によれば従業員は14人ほどの小さな会社みたいです。

この会社については、様々な法令違反等の問題点が発覚しています。

関連記事:イーエスピーの問題点まとめ|健康診断や適性検査を実施せず行政処分

あくまでも推測ですが、新規参入事業者ですから顧客確保のためにコスト面で相当切り詰めていた可能性も否定できません。

バス運営のノウハウも蓄積されていなかったかもしれません。

もっとも、このバスには運転手が2人が乗車しており、交代で運転するようにしていたそうです。

そうだとすると、運転手の超過勤務による事故なのかどうかは慎重に調べる必要がありますね。

国交省が監査に入るとのことなので、近日中に実態が判明すると思います。

事故原因は?

気になるのは事故原因です。

実際のところはいまだ調査中なのですが、路面凍結がなかったことからスリップ事故ではなさそうですね。

また、対向車線にはみ出してガードレールを突き破っていることを考えると、完全に車体の制御ができなくなっているように思われます。

とすると、運転手がかなりスピードを出していた可能性もありますね。

もしもブレーキ痕がなければ、運転手に何かがあって事故が起こった可能性も出てきますが、「モーニングショー」の報道によればブレーキ痕は1本だけあったそうです。

だとすると、運転手は意識があったことになりますから、居眠り運転ではなさそうです。

これはあくまでも私の推測ですが、ブレーキ痕が1本だけ=片側の車輪が浮いていたわけですから、単純に考えればスピードを出しすぎてカーブで車輪が浮いたのではないでしょうか。

そのせいで制御不能になってガードレールを突き破ったと考えれば説明がつくように思います。

追記:運転手の技術不足?

どうやらこの運転手は、今回のような大型バスの運転経験が不足していたようです。

関連記事⇒ バス会社「イーエスピー」の問題点まとめ

出発当初から運転が荒いと感じていた旨のバスの乗客の証言もあります。

さらに、運転手が交代した様子もなかった、という証言すらあります。

これが本当ならば、大型バスの運転経験が少ない者に長時間夜間運転させていたわけですから、事故が起こるのは当然だったのかもしれません。

転落現場直前でガードレールに接触していたことや、転落直前に蛇行運転していたこともわかっているので、おそらく直前のカーブでガードレールに接触して車体が傾き、そのまま制御を失ってガードレールを突っ切ったのでしょう。

だとすると、運転技術が未熟な運転手を採用して劣悪な環境で勤務させた会社側に事故の責任があるのは明らかです。

おわりに

非常に重大な事故ですから、今後しばらくは新事実が色々と発覚してくると思います。

なんにせよ、これ以上死亡者が出なければいいのですが……。

【事故関連記事】
⇒ イーエスピーの問題点まとめ|健康診断や適性検査を実施せず行政処分

Pocket

関連記事

おすすめ記事

  1. skates-608588_640
  2. sports-shoes-115150_640
  3. sport-788105_640
  4. newspaper-412452_640
  5. write-1035088_640
  6. martial-arts-291046_640
  7. man-1050528_640
  8. dvd-89069_640