爺が時事問題を語るブログ「時事語り/爺語り」

強制わいせつで逮捕のJR九州社員藤田貴雅容疑者の動機を考察

lonely-604086_640

JR九州の若手社員が強制わいせつで逮捕されたニュースが報じられていました。

なんだか最近はこういう事件が多いなという印象を持っているのですが、この事件は単純な強制わいせつ事件なのか疑わしいところもある、ような気がします。

そこで今回は、このJR九州社員の事件について考察してみようと思います。

報道されている事件内容

今回逮捕されたのは、JR九州社員の藤田貴雅容疑者22歳です。福岡市東区和白東に住んでいるそうで、被害者宅もその近所だとのこと。

逮捕容疑は、11月5日午後6時55分頃、被害者である20代女性の家に「間取りを見せてほしい」などと言って入り込んだ挙句、無理やり抱きついたりしたそうです。

これだけだと、まるで親しい知人であるかのようですが、報道によればたまに挨拶する程度の顔見知りでしかなかったようです。

推測:容疑者は勘違いで交際しているつもりだった?

まず、犯人はまだ22歳ということなので、ひょっとしたら大卒新入社員の可能性もありますね。入社早々こんな事件を起こしたのであれば、以後の人生が大変なことになりそうです。

特にJR九州はこの事件に対して、事実関係を確認した後に処分する可能性を示唆しています。入社したばかりで早々に処分されるのならば、出世コースから外れること必至ですね。就活で苦労したのが水の泡です。

ここまでのリスクを負ってまで抱きつきたかったのでしょうか。普通なら思いとどまるものですが……。

まあ、わいせつ事件を起こす人が、そういうリスク計算をきちんとできるとは限らないですけどね。一見冷静に見えつつ、実は欲望の充足に逮捕されて人生が終わるリスク以上の価値を見出す人もいますし。

ですが逮捕容疑が強姦未遂ではないことを考えると、実は犯人がとんでもない勘違い野郎で、被害者の恋人気取りだった可能性も考えられると思います。

被害者も、「間取りを見せてほしい」なんて口実で素直に住居に入れてしまう程度にガードが緩かったので、余計に妄想をエスカレートさせたのかもしれません。

もしそうならば、犯人の動機は強制わいせつ目的というよりも、恋人に抱きついた程度の認識だったのかもしれませんね。

あるいは「間取りを見る」というのも冗談ではなく、二人の新居を探すつもりだったのかも……。これだと妄想ストーカー状態ですが、犯人がそうじゃないと考える理由もないんですよね。

もしストーカーだったら、もっと大きな事件になる前に逮捕されてよかったと思います。

感想

仮に女性側のガードがやや緩かったとしても、それはまったく非難されるべきじゃないと思います。

近所に住む顔見知り男性への態度をいちいち気にしなければならないなんて、女性に対してあまりにも過度な要求です。どう考えても誤解するほうが悪いですよね。

そもそも日本の文化からすれば、明示的に告白してから交際が始まるわけです。

はっきり好きだと言われたわけでもないのに勝手に相手の好意を誤解し、無理やり抱きつくような男は非難されて然るべきでしょう。

この件では全面的に男性が悪いと思いますね。

Pocket

関連記事

おすすめ記事

  1. GY086_L
  2. martial-arts-291046_640
  3. sports-shoes-115150_640
  4. dvd-89069_640
  5. towel-759980_640
  6. coins-1015125_640
  7. solar-field-191683_640
  8. sport-788105_640