爺が時事問題を語るブログ「時事語り/爺語り」

岡ヒカルライル容疑者の国籍や経歴は?ひったくり事件で逮捕

charging-cable-1078264_640

昨年大阪で起こったひったくり事件の犯人が逮捕されたみたいですね。

そこでの報道内容で気になったのが、容疑者の珍しい名前です。

ひょっとしてハーフなのか、それともDQNネームなのか。

気になってしかたがないので、調査してみました。

国籍やプロフィールは?

岡ヒカルライル容疑者は、1989年7月15日生まれの27歳だそうです。

日本人の父親とフィリピン人の母親を持つハーフとのこと。

どうやら幼少期は奈良県に住んでいたらしく、小学校5年生までは奈良県五條市宇智小学校にいたそうです。

その後はフィリピンに渡り、そちらで大学まで出ていたみたいですね。

その後日本に戻ってきたみたいです。

ちなみに、「岡ヒカルライル」というのは、名前が「ヒカル ライル」で「岡」が父親の苗字なんだとか。

また、趣味は音楽鑑賞やバンド活動で、フィリピンでは大学時代にバンドのギターをやっていたそうです。ただ、現在もやっているのかどうかはわかりません。

音楽の他にはスポーツやアウトドア活動、さらにはインターネットも趣味だったとのこと。

以上は本人のmixiからの情報なので、おそらく事実だと思います。

ひったくりの動機は?

ではなぜ容疑者はひったくりをしてしまったのでしょうか?

報道によれば、金に困り、食べるものがなくてひったくりをしたとのこと。

そもそもフィリピンで大学まで出ているのであれば、向こうで普通に就職しても良さそうなものですが……。

まあ、生活の質も違いそうですし、やっぱり日本が恋しかったのでしょうね。

でも大学まで出たバイリンガルなら、語学力を活かして何らかのバイトのくらいできたと思うんですけどね。

そうじゃなくても(ひったくりをできるほど)健康な若者なら、犯罪に手を染めなくてもバイトで暮らせると思うのですが。

事実、容疑者は建設作業員の仕事をしていたそうですし、最低限の収入はあったはずです。

食べ物に困る状況だったとは思えないんですよね。

もしも本当に食べ物に困っていたのだとすれば、収入の多くを別のことに使っていたのではないでしょうか。

さらに、報道によれば容疑者の関与が判明したのは、彼が盗んだカードでUSBケーブルを購入していたからだそうです。

食べ物ではなくUSBケーブルを買っている時点で、娯楽のためにひったくりをしたのは明らかだと私には思えますね。

結局のところ、容疑者の犯行動機は趣味のためのお金目当てということになりそうです。

ちょっと同情の余地はないですね。

おわりに

容疑者のmixiのプロフィールを見ていると、インターネットが趣味だったようです。

おそらく、USBケーブルも趣味のために購入したのでしょうね。

それなのに「食べ物もなくて…」みたいな露骨な嘘をついたのは、同情を引きたかったからなのでしょうか。

そんなすぐに分かる嘘をついたら、余計に心証が悪くなりそうなものですけどね。

窃盗関連記事⇒ 朝鮮籍の無職金龍元容疑者を逮捕についてはこちら

Pocket

関連記事

おすすめ記事

  1. tap-791172_640
  2. passport-931882_640
  3. phone-1039052_640
  4. towel-759980_640
  5. sports-shoes-115150_640
  6. write-1035088_640
  7. GY086_L
  8. martial-arts-291046_640