爺が時事問題を語るブログ「時事語り/爺語り」

池田町の勝山隆之町長の経歴は?過去には税金滞納問題も

calculator-385506_640

長野県池田町の勝山隆之町長について、重大な不祥事の疑惑が持ち上がっていますね。

今後の展開次第では辞任の可能性すら出てきそうです。

関連記事⇒ 長野県池田町の勝山隆之町長の飲酒運転についてはこちら

本日中に記者会見があるようなので疑惑についてはまだなんとも言えませんが、とりあえず勝山隆之町長の経歴や過去の疑惑について、わかっていることをまとめておきます。

スポンサードリンク

出身高校について

勝山隆之町長は、1946年6月24日生まれの69歳です。

出身高校は、長野県大町高等学校ですね。

長野県大町市にある共学の公立高校で、現在の受験偏差値は58だそうです。

もっとも、勝山町長が在籍していたのは1960年代でしょうから、現在の偏差値は参考にならないかもしれませんが。

ちなみにこの高校は、タレントの乙葉の母校でもあります。藤井隆の奥さんですね。

最近は両方共あまり見かけませんがw

それはさておき、高校時代は野球部に所属して甲子園出場を目指していたそうです。

本人の言葉によればチームの主力だったそうですから、運動神経はかなり良かったのでしょうね。

現在も野球が趣味で、少年野球の監督やコーチの経験もあるとのことです。

こういう教育者としての一面もあるのだとすれば、今回の飲酒運転疑惑は痛いですね。

スポンサードリンク

高校卒業後の経歴は?

高校卒業後は大学に行かなかったようです。

まあ、時代背景を考えれば、まだまだ大学進学せずに就職する人が多かった頃ですから、特に不自然ではないですね。

公式サイトには次のような記述があります。

高校卒業後は簿記を習い、会計事務所の勤務を経て23歳で家業の酒販店を継ぐ。

最近はコンビニやスーパーに押されて酒販店の閉店が多く、どこも経営が苦しい印象なのですが、当時は違ったんですよね。

実家は1951年創業の有限会社「丸イゲタ勝山商店」ですが、順調に規模を拡大して1990年代には売上が1億円もあったそうです。

ところがその後は時代の流れに勝てず売上を減らしていき、1998年頃からはずっと赤字経営が続いていたのだとか。

町長に就任したのは2008年のことですし、事業の業績悪化が切っ掛けで政治家路線に変更したのかなと思ってしまいますね。

過去には税金滞納問題も?

勝山隆之町長は就任後の2008年に税金滞納問題を町議会で追求されています。

これは町長が社長を務めていた有限会社「丸イゲタ勝山商店」の法人税や消費税、さらには町長個人の町税について約8年間も滞納していたというものです。

ちなみに、議会でこれを追求された町長は「滞納していた町税や町長選に当選した後に支払っており、法人税や消費税についても当選後に分割して支払っている」旨の答弁をしていました。

まあ、時期的に赤字経営が続いていた頃なので、わかってて税金滞納していたのでしょうね。

しかし町長選前にこれがわかっていれば、有権者は投票していなかったかもしれません。

上手いこと選挙期間中は隠し通したなというのが率直な感想ですねw

それにしても、選挙後になったら急に滞納分を支払えるようになるなんて、町長ってそんなに金回りがいいのでしょうか?

貧乏人としては羨ましいかぎりですw

【関連記事】
⇒ 長野県池田町の勝山隆之町長が飲酒運転!辞任は不可避か?

スポンサードリンク

Pocket

関連記事

おすすめ記事

  1. towel-759980_640
  2. sports-shoes-115150_640
  3. sport-788105_640
  4. solar-field-191683_640
  5. man-1050528_640
  6. newspaper-412452_640
  7. tap-791172_640
  8. martial-arts-291046_640