爺が時事問題を語るブログ「時事語り/爺語り」

ハプニングバー「BAR999」経営者らが公然わいせつ幇助等で逮捕

bar-984527_640

私の気のせいかもしれませんが、ハプニングバーに対して摘発が入ることが増えているような気がしますね。

11月28日には、埼玉県川口市にあるハプニングバー「BAR 999(トリプルナイン)」が摘発されたとニュースになっていました。

この話題について思うところを語っていきます。

事件報道の内容

11月28日に埼玉県警保安課と川口署の合同捜査班が、捜査員74人を動員して「BAR 999」を摘発し、さいたま市南区に住む45歳無職の女と住所職業不明の25歳男を現行犯逮捕したそうです。

また、同時に経営者や関係者4人を公然わいせつ幇助犯として現行犯逮捕したとのこと。

当時は1周年イベント中で、店内には25人がいたそうです。

この摘発のきっかけとなったのは、2015年6月に入店拒否された男女からの情報提供があり、そこから捜査を着々と進めていたのだとか。

摘発された店舗「BAR 999」について

最初に書いたように、今回摘発されたのは川口市西川口1丁目にある「BAR 999(トリプルナイン)」だそうです。

ただ、この店名の読み方なんですが、新聞報道では「トリプルナイン」となっていますけど、ネットで検索すると西川口1丁目で出てくるBarが「スリーナイン」なんですよね。

どちらが正しいのか、ちょっと気になります。

この店はぐるなびにも登録されていたみたいですね。一応飲食店という体で営業していたのかもしれません。

この店は会員制だったそうで、プレイルームなる小部屋で男女がプレイしているのを、客が周囲から自由に覗ける構造になっていたのだとか。

覗き趣味とか露出趣味の人が集まっていたのかもしれませんね。

ハプニングバーとは?

ちなみに、ハプニングバーというのは、要するにマニアックな性癖を持った男女が集まり、そこで突発的な行為を楽しむ店ですね。

まあ、たいていは公然わいせつに引っかかりますw

率直な感想

このニュースを知って最初に思ったのは、男女の年齢差が20歳もあったことです。女性の方はもう落ち着いてもいい年ですよね……。相手の男性も住所職業不詳という怪しすぎる人物……。

まあ、最近の40代女性はきれいな人も多いですし、性癖が一致すれば特に問題ないのかもしれません。相手男性がやや熟女好きだった可能性もありますし、年齢差をどうこう言うのは野暮なことかもしれませんね。

しかし、女性の方は45歳で無職というと、既婚者じゃないかという疑いも出てきますよね。

もしも自分の妻がハプニングバーで現行犯逮捕されたなんてことになったら、普通は即離婚でしょう。少なくとも私ならそうですw

まあ、既婚者じゃなくても無職なのですから、おそらく親等と同居しているのだと思いますが、ハプニングバーで逮捕されたと知られれば死ぬほど恥ずかしいでしょうね。

それにしても、摘発のきっかけとなった「入店拒否された男女」って、拒否されなかったら普通にハプニングバーを楽しんでいたのでしょうか。

おそらくカップルだったんだと思いますが、恋人連れでハプニングバーに来るということは、スワッピング趣味だったんですかね?

自分たちが楽しめなかった腹いせに通報するとか、実に業が深い人達だなと思いました。

わいせつ事件関連記事: 強制わいせつで逮捕されたJR九州社員の動機を考察

Pocket

関連記事

おすすめ記事

  1. sport-788105_640
  2. sports-shoes-115150_640
  3. newspaper-412452_640
  4. martial-arts-291046_640
  5. tap-791172_640
  6. dvd-89069_640
  7. coins-1015125_640
  8. GY086_L